通信機器の法人契約の場合レンタルと購入どっちがお得?

法人で携帯電話やスマホを利用!レンタルと購入の利点をシーン別に徹底解説!

徹底解説!法人の通信機器利用は購入とレンタルどっちが得か?

法人が社員用などに、通信会社と多数の携帯電話やスマートフォンを契約する場合、法人が端末の購入費と毎月の通信費を負担することになります。 ここでは、法人が複数の携帯端末を契約するときの必要事項や、経費を軽減するお得な契約方法「相対契約」について解説します。

法人が携帯端末をレンタルで利用する場合のメリットは?

大手通信会社や小規模なMVNO業者などでは、法人向けに複数台の携帯電話、スマートフォンなどのレンタル契約にも対応しています。 ここでは法人が携帯端末をレンタルで利用する場合の、購入に比べた利点や、レンタルで利用したほうがお得になるケースについて解説します。

法人で無線機が必要なときの購入とレンタルを徹底比較!

ここでは携帯電話やスマートフォンではなく、トランシーバーやインカムなどの無線機を法人で利用する場合について説明します。 レンタルと購入のどちらが便利で安価か、メリットとデメリットの解説。 また無線機に多いリース形式での利用方法についても紹介します。

おすすめリンク

レンタルWiFiをタイで使おう!

海外旅行にはレンタルWiFiを!料金やレンタル方法について詳しくご紹介します!タイ旅行のご参考に。

法人が携帯電話やスマートフォンを割安に契約する方法とは?

現代社会において、もはやビジネスに欠かせないものが、携帯電話やスマートフォンなどの通信機器です。
外出中の社員同士の連絡、会社が社員たちの業務上の行動を把握するなど、効率的に業務を進めるためには、会社が一括して契約し、管理する携帯端末を社員に配布する必要があります。
またインターネット環境やスマホといった携帯端末が発達した現在でも、法人が主催するイベント現場などでは、特定のスタッフ同士の素早い連絡や、複数での同時会話が可能になるトランシーバーなどの無線機器の需要はまだまだあります。

しかしこれらの端末を用意する法人にとっての悩みは、機器にかかる費用です。
携帯電話やスマホなどは、社員の人数分の端末を購入すると、それだけでもかなりの額になります。
また毎月の通信費の負担も必要。端末を会社の資産として計上しなければならない。
時代の流れで端末が旧式になったり、故障したときなどはどうすればいいかなど、様々な悩みもあるでしょう。
またデジタル無線機など、定期的に使用する機会はあるが、使用頻度の低いものはどう用意すればいいか。
こういった機器は、購入するのとレンタルで利用するのでは、どちらが経費を安く抑えられるのか。

ここでは大手の通信会社から、MVNO業者、デジタル無線機のリース会社まで、様々な通信機器について、購入とレンタルのどちらがお得かを徹底比較します。
法人の経費削減に頭を悩ませる経営者や担当者にとっては必見の情報が満載です。