法人で携帯電話やスマホを利用!レンタルと購入の利点をシーン別に徹底解説!

法人が携帯端末をレンタルで利用する場合のメリットは?

法人の携帯電話契約はレンタルでも可能?

大手通信会社では、法人向けに携帯端末のレンタルにも対応しています。
必要な額は毎月の端末レンタル料と月額基本料金になります。

レンタルの利点としては、会社法人の場合、社員用の携帯端末を購入すると会社の資産に計上する必要が出ますが、レンタルではその必要がない点。
例えば通常の携帯電話からスマートフォンに切り替えたいなど、必要に応じた端末の変更に対応しやすい点。
また通信会社によっては、24時間対応のカスタマーサポートや端末が故障した場合の即時交換サービスなどを用意しているところもあります。

他に大手通信会社以外のMVNO業者でも割安の携帯端末レンタルサービスを用意していることがあります。
一時的に携帯端末が必要な場合は、そちらを利用するのも方法でしょう。

法人で携帯端末をレンタルする場合の利点

携帯端末を法人契約で利用する場合、購入とレンタルのどちらが有利かは、その法人が携帯端末を利用する形式によって変わってきます。
規模の大きな会社法人で、常に一定数の携帯端末を必要として、長期にわたって使い続ける。
社員の移動や退職などで返却された携帯端末は、すぐ他の社員に転用するなどの場合は、購入したほうが長い目では割安になるでしょう。

逆に一時的な事業などで、それほど多数の端末や多機能を必要としない。
また短期間の利用で、端末を購入するより、使用する期間のレンタル費のほうが安くつく場合はレンタルが向いています。
相対契約で相談する際に、自身の法人では、購入とレンタルのどちらが向いているかも相談してみるといいでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ