法人で携帯電話やスマホを利用!レンタルと購入の利点をシーン別に徹底解説!

法人で無線機が必要なときの購入とレンタルを徹底比較!

法人が無線機を利用するときの種類とは?

無線機というと、携帯電話などが普及した現代ではもはや古いもので、特殊な品という印象もあります。
しかし携帯電話と違って、ボタンひとつで即座に必要な相手と通話できるといった利点は、現代でも工事現場やイベントなどの現場で、スタッフ同士の連絡のために重用されています。
トランシーバーやインカムといえばわかりやすいでしょう。

ただ無線機の場合、特定省電力トランシーバーなら免許や登録は不要。
デジタル簡易無線局であれば登録のみで使用できますが、それ以外は無線免許や、捜査に当たって無線従事者の監督が必要になる場合もあります。

無線機をレンタルまたは購入して利用するには、使用する場所や目的の他、免許の必要性なども確認する必要があります。
法人で無線機が必要な場合は、使用の目的や頻度を踏まえて、レンタルまたは購入の場合、費用がどの程度になるかで決めるといいでしょう。

法人の無線機で購入とレンタルのメリット

無線機をレンタルで借りるメリットは、必要なときのみ必要な台数を借りられる手軽さの他、免許が必要なタイプでも、その手続きや管理が必要ないという点です。
またバッテリーなど消耗部品の交換やメンテナンスを無料で行う業者もあります。
デメリットでは、機材が中古品になり、最新型など好きな機種を選べないこと。
また長期間のレンタルで故障などがなければ、購入したほうが割安の場合もあることです。

逆に購入の場合は、法人の設備投資費にできる。好きな機種を選べる利点があります。
反面、メンテナンスや消耗品、免許手続きや電波使用料などをすべて自前で賄わねばなりません。

またリース契約という方法もあります。
これは法人が必要な無線機をリース会社が購入し、所有権を持つリース会社から五年以上の長期契約で貸し出すという形式です。
中途解約が不可などの条件はありますが、基本的にレンタルと同じメリットで、レンタルより割安に利用できます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ